IMG_0166.JPG
レッスンシステム
料金等

ぱど広告.JPG
クラスレッスン
スケジュール

IMG_2058.JPG
SDG KIDS
DANCE in English!!

la casa 1.jpg
齊藤ダンスガーデン
大町スタジオ

HOME > よっちゃんのぶっちゃけた話2008/10/14

よっちゃんのぶっちゃけた話in仙台

2008/10/14

新しい体験

日曜日、月曜日と久しぶりの連休。
どちらも私にとって貴重な初体験の日でした。

まず日曜日。奥山ダンス教室の芦田先生が指導するジュニアスクールの練習会に参加してきました。
芦田先生が献身的にジュニア選手の育成に力を注いでいらっしゃるということを、以前から耳にしていましたので、何かお手伝いできれば、という思いから参加させていただきました。

この日の練習場所は旭ヶ丘の市民センター。練習が行われている会議室に入ると、そこには小学生を中心に15、6名のジュニア選手と、父兄の方が数人いらっしゃいました。
こんなに多くのジュニアの選手を団体でレッスンしたことは、それまで無かったので、手探りのレッスンでした。

「ジャイブのベーシックを指導して欲しい」とのことでしたので、まずはジャイブシャッセの練習から。常日頃から、「正しい知識と技術を分かり易く!」というのを心がけていますので、どうしても私のレッスンは言葉が多くなります。しかし、子供というのはとても飽きやすいですから、様子を見ながら、「少ない言葉で、子供の興味を引きながら」を心がけました。

もちろん皆まだまだ子供ですから、ふざけたり、集中力が切れたりということもありましたが、芦田先生がフォローして下さったおかげで、まあまあ順調だったと思います。

簡単なステップを覚えた後、最後に男の子と女の子で組んで踊ってみました。女の子が一人少なかったので、私は女子役で、男の子の全員と踊りました。
手を取るときに、「お願いします!」、ローテーションするときに、「ありがとうございました!」と私のほうから大きな声で言うようにしました。するとジュニアの子達もつられて、みんな礼儀正しく答えてくれました。

もちろん正しくダンスを学ぶことは大事ですが、それ以上にジュニアの子供たちに学んで欲しいのは、やはり人としてのマナーとエチケット。そのためには、私自身が子供たちに対しても、人として敬意を払い、礼儀作法というものを見せていくのが一番の方法かなと思い、実戦してみました。そして手応えを感じました。

50分ほどのレッスンでしたが、とても勉強になる経験でしたし、これからグングン成長するであろうジュニアの選手を目の前にし、これからの宮城県、東北が楽しみだなぁと、こちらもわくわくしてきました。
また時間を見つけて、お手伝いに行きたいと思います。

月曜日の体験はまた次回に。

P.S:誕生日にたくさんの方から、おめでとうのメールやお手紙を頂きました。この場をお借りして、「ありがとうございました」。
皆様からのメッセージを心のエネルギーにして、がんばります!!