IMG_0166.JPG
レッスンシステム
料金等

ぱど広告.JPG
クラスレッスン
スケジュール

IMG_2058.JPG
SDG KIDS
DANCE in English!!

la casa 1.jpg
齊藤ダンスガーデン
大町スタジオ

HOME > よっちゃんのぶっちゃけた話2008/11/23

よっちゃんのぶっちゃけた話in仙台

2008/11/23

勉強不足解消

前回からかなりご無沙汰してしまいました。皆さんお元気ですか?

明日24日は、後期全宮城選手権が行われます。今年最後の東北での競技会です。
明日の選手権に向けて火曜日から土曜日まで教室をお休みさせていただき、東京でレッスンと練習に励んできました。

仙台に来てからは、レッスンを受ける機会が減り、また春からはみさとの病気も重なり、半年ほど全くレッスンが受けられませんでした。秋から競技会に復帰したものの、初めてのスクールの運営で何かと時間が取れなくて落ち着いた練習が出来ていませんでしたので、今回、会員様のご理解をいただき、東京で久しぶりにレッスンもたくさん受けることができました。

ラテンダンスに関することは大体知っているつもりでしたが、今回新しいコーチャーのレッスンも受けることができ、学ぶことの多い五日間でした。ラテンダンスは教える人間によってかなり言う事というか、技術そのものが違います。
今の私は自分が習うよりも、教えている時間のほうが長いわけですが、誰かに指導するうえでは、自分が言うことに一貫性を持たせなければなりません。もしも私がその都度違うことを言ったら、習う側の人を混乱させてしまいますから。
しかし、この指導するうえでの習慣が、知らず知らずに自分の頭を固くしてしまうことがあるのです。自分が教えている技術以外の選択肢を忘れてしまうというか。

そういう意味では今回、新しい発見や忘れていたことを再認識することができ、ダンスの幅が広がった実感があります。
「教える人間こそが学ぶべき」を改めて痛感しました。

さて、明日の競技会、もちろん成績が良いに越したことはありません。しかし、ダンスの競技会は、野球や陸上競技のように誰が見ても白黒がはっきりしている競技とは異なります。審査員が主観で順位をつけるわけですから、それを気にしても神経をすり減らすだけです。
今の私たちの競技会における第一の目標は、「良いダンス」をお見せすることです。「音楽を感じ、自分なりの解釈を体で表現する」ことがダンスだと思います。技術はそのための手段です。
今回学んできたことを発揮して、自分が楽しみ、そして観ている人も楽しませられるようなダンスができるよう頑張ってきます!!