IMG_0166.JPG
レッスンシステム
料金等

ぱど広告.JPG
クラスレッスン
スケジュール

IMG_2058.JPG
SDG KIDS
DANCE in English!!

la casa 1.jpg
齊藤ダンスガーデン
大町スタジオ

HOME > よっちゃんのぶっちゃけた話2009/4/9

よっちゃんのぶっちゃけた話in仙台

2009/4/9

新学期 さくらの季節に思う

昨日、今日とスタジオに向かう途中、入学式に向かう新入生の姿を多く見かけました。桜の花もちらほらと咲き始め、急に春めいてきました。家の近くではうぐいすやひばりが鳴いています。
先週は裏庭に出たふきのとうをてんぷらにして食しました。

東京ではあまり気にすることのなかった四季の変化を日々感じることがとても心地よい毎日です。
冬の寒さに堪えエネルギーを貯めていた庭の草木も一斉に芽を吹きだし、私のガーデニング魂も目覚めました。

今私は、「木」にはまっています。実際3週間ほど前に枝垂れ八重桜(仙台桜)の木を庭に植えました。インターネットで安く購入したのですが、樹高は3メートルほどあり、なかなか立派な桜で、最近つぼみが膨らんできました。おそらく樹齢も5年くらいはあるのではないでしょうか?

そんな庭木がぶっちゃけ、私の履いているジーンズよりも安く買えるということにビックリですし、ジーンズはいつか履けなくなりますが、木は大切にすれば何十年、何百年と成長していくと考えると、ジーンズより木のほうが楽しいな~みたいな感じになりまして、ここ最近は夜な夜なインターネットを検索しては、次は何の木にしようかとあれやこれやと悩んでいます。

もちろん庭に限りがありますので、あまり大きな木をたくさん植えたりは出来ませんが、自分たちと共に成長して行くのを見守るという楽しみはなかなか趣があると感じます。

仙台に来てまだ1年半しか経っていませんが、東京にいた頃とは随分生活も変わりました。こちらに慣れたというよりは、むしろ今の生活のほうが自分本来の生き方にあっていると感じています。
スクールの会員の方とも不思議とすぐに打ち解けることができて、もう何年も付き合いがあるような気分です。

仙台に来て二度目の春、もっとしっかりと根を張って、どこまでも真っ直ぐな人間に成長したいと願う私の新学期です。