rogo.gifname02.gif
宮城県仙台市宮城野区にある社交ダンススクールです。

IMG_0166.JPG
レッスン料金&システム

りんご~1.JPG
スタッフ紹介

ぱど広告.JPG
クラスレッスン

1.png
初めての方へ

ブログ用トップ写真.PNG
スタジオブログ

イベント.JPG
イベント

image01.jpg
レッスン風景

お問合せ.JPG
お問い合わせ

HOME > よっちゃんのぶっちゃけた話2012/2/11

よっちゃんのぶっちゃけた話in仙台

2012/2/11

強くなる 1

自分では誠意を持って接しているのに、それが相手に伝わらなかったり、そんな意味じゃなかったのに誤解をされたり、身に覚えがないのに誰かに敵対心を持たれたり。
こういった対人関係のトラブルやそれに伴うストレスは、生きている間に繰り返しやってくるものかもしれません。

僕も若い頃はこういったことがあると、しばらく考え込んだり、気持が重くなったりして、胃がキリキリということもありました。
自分に非があるあるなら悔い改めればいいのですが、そうでない時は自分ではどうしようもなく、解決に時間がかかったり、、、

最近ではこういったストレスにもほとんど気持を挫かれることはなくなりました。

‘お天道様(おてんとさま)’という言葉があります。
今はあまり使われる言葉ではないかも知れませんが、‘お天道様が見ている’と言えば、それは悪事を戒める言葉であることは誰でも分かります。

もう数年前になりますが、ダンス界のある大先輩の先生から、「齊藤ちゃんはいつも王道を歩いてるね、だから人が集まってくるんだよ」と言って頂いたことがあります。

自分ではそんな風に思ったことはありませんでしたが、‘王道を歩く’ってかっこいいなと思いました。

そしてそれ以来、‘正々堂々とお天道様に胸を張って歩く’ことを心がけています。
それからでしょうか、いろいろなストレス要因に対して自分が強くなったのは。
たとえ何かしらのトラブルが生じても、自分が正しく生きていて、相手にも人の心があれば必ず理解し合えると信じられるようになりました。


お天道様に背かない。難しいことではありません。
ずるいこと、モラルに反すること、人の心を踏みにじること、こういったことをしなければいいのです。

人間の一番の弱さは何かに対する後ろめたさから生じると僕は思います。
そして後ろめたさは、自分の良心に背くことから生じる。

こう考えると、お天道様はすなわち自分の良心と言えます。

僕は強い人間でありたいと思いますし、僕がかかわる若い世代の人たちにも、人間としての本当の強さというものを理解して欲しいと思っています。

お天道様は見てますよ。